シェアする

やってないってことは可能性に満ちている!!・・・と勝手に思ってます(笑)

シェアする

今日は牛窓・瀬戸内市でとっても新鮮な・・・

・・・

・・・

「ミーティング漬け」

の一日でした!

こんばんは!

㈱牛窓フードハピネス・牛窓海鮮たこ焼き「よすが」

の本村哲治(テツ)でッス!!

いや~、まだやったことのないことに挑戦してみる

って大変だけど、僕はやっぱり好きです。

なんか、ワクワクします。

この辺りは人にもよるんでしょうが、起業家には

多いタイプだと思います。

昔、マーケティングの基礎のお話で

アフリカで靴を履いていない国に行ったシューズメーカーの

お話がありました。

DSC_0044

一人の営業マンは

「この地域では靴を履くという文化がありません!

この国でシューズを販売するのは困難です!!」

という報告をし、

もう一人の営業マンは

「この地域はすごい可能性に満ちています!

まだ靴を履くという文化を知りません!

この国でシューズの販売を積極的に展開すべきです!!」

という報告がきた。

よくある典型的なお話ですが、起業家や創業者は

基本的には後者ですよね。

まだやってないから可能性がある。

可能性があるってことは希望がある。

やったことがないってことは困難もある

だけど、

「難が有るという人生は有難い人生。

難が無いという人生は無難な人生。」

もちろん、これはその人の生き方、考え方の問題だから

どっちが良いとか悪いとかではないけど、困難に直面したとき

そうした捉え方ができるかどうかはとっても大切だと思っています。

勉強でも、商売でも今までやってなかったってことは

可能性があるってこと!

今、水面下で岡山市、瀬戸内市で様々なプロジェクトが

動いています。

実現するかどうかはわかりません。

この1ヵ月がヤマです。

2年、3年、5年かけて計画してきたことが白紙になることなんて

ザラです。

でも、その時はできなくても、その努力は必ず

実力として身についています。

少なくとも挑戦しなかった自分よりは。

可能性がある限り挑戦していきたいと思います。

やっぱりチャレンジするって楽しいから!!