シェアする

「自分にできることからやってみよう!」

シェアする

今日も様々な案件を同時に色んな方と協議

していたので後半、頭がよくわからんくなってました(^^;)

一日一日があっという間に過ぎていきます。

一歩一歩足元から・・・が好きな

(株)牛窓フードハピネス・牛窓海鮮たこ焼き「よすが」の

本村哲治(テツ)です。

10年位前、まだソーシャルネットワークが

ミクシィくらいだったころ、

メルマガとミクシィで

「心に響いたことば」っていうのを

連載していました。

一日一日、時を刻むように大切に過ごしていたのが

今読んでもわかります。

ちょうど、人生の岐路に立っていた時期でもありました。

10年経って振り返って、そういう風に捉えてたんだと

懐かしく思えます。

そして、今書いているブログも

10年後の自分はどう感じているのか・・・

そういう意味でも自分の”今”考えていることを

記録していくのは大切なことかもしれません。

今日はそのなかでも好きなショートストーリー。

世界で一番小さな鳥

「ハチドリ」

250px-Colibri-thalassinus-001

初めてこのお話を知ったのが

もう10年以上前・・・

未だに「よすが」の店内にも貼ってあります。

みなさんご存知の方も多いですよね!

これについては一切感想は書きません。

かえって陳腐になるから。。。

読んだ人それぞれが何か感じればいいのかなと

思っています。

「ハチドリのひとしずく」

森が燃えていました

森の生き物たちはわれさきにと逃げていきました

でもグリキンディという名のハチドリだけは行ったり来たり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをしていったい何になるんだ」と笑います

グリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」