シェアする

「はじめの一歩!!」

シェアする

構想から5年。。。

ようやく、ようやく始めの一歩を踏み出すことができます。

自分の会社の事業や商店街事業と並行して様々なことをやりながら

進めてきたから感慨深いです。

こんばんは!岡山駅前商店街で地域活性化事業に取り組んでます

(株)牛窓フードハピネス・牛窓海鮮たこ焼き「よすが」の

本村哲治(テツ)です。

今日正式に中小企業庁から

平成28年度 地域・まちなか商業活性化支援事業

へ申し込んでいた施設事業の補助金申請が認可されました!!

DSC_0110

まだまだこれからだし、全く油断はしてないけど、

久しぶりに一杯だけ梅酒頂きました。

7年前、ハローワークに行って職業訓練校の中に

起業家養成コースがあり、3か月の間ですが

毎日20代から60代のおじさんが顔つき合わせて勉強しました。

みんな失業中で先が見えず、心の中にある不安と向き合いながら・・・

13人くらいいて実際に起業できたのは4人かな?

起業家が育たない大きな理由の一つに

「チャレンジする場がない!」

ってことがあげられます。

IT系のインキュベーション施設は場所も取らないし

パソコン一台あればできるからそういう施設はあります。

でもね、ショップはなかなかできないよ~

まず、よく金融機関の方や商工会議所の方、中小企業診断士の方が

おっしゃる起業家のための”無担保・無保証”なんてほぼできないからね!

実際に金融機関にいくでしょ。

でね、ビジネスプランと事業計画を見せます。

で、最後に言われるのは

「実績ありますか?」って・・・

あるわけがない!!(笑)

だって起業するんだから!

2代目3代目じゃないんだから!!

するとね、じゃあこの売り上げ計画の根拠はなんですか?

とか事業計画の不確定な要素を必ずついてくる。

でね、”無担保・無保証”っていう制度がないわけではありませんが、

金利も高くなりますし、保証人だけでも出してください。

って話になる。

そりゃ相手も仕事だし、お金を貸すプロだからね。。。

でもね、だったらはなっから”無担保・無保証”で起業家を支援する

なんてきれいごと言っちゃだめだよ。

実績なんて起業家にあるわけないんだから。

何らかのお店を出すってことは必ず設備投資

がかかりますから、自己資金だけでできるのは相当な資産家か

家族が裕福な方だけです。

そもそもそんな人はハローワークに来てないでしょ。

一番起業家を育成するのに必要なものは・・・

「チャレンジできる場所」を提供することです!

できる限り、コストをかけず、失敗しても

またやり直せるように。

僕みたいに何千万円も借金したら、失敗したとき

なかなか立ち直れません。。。

でもね、本当は「失敗」なんてことばは無い。

もし、やってみてうまくいかなかったら、それは

「良い経験」をしたんです。

次にうまくいくための・・・

あきらめない限り、死なない限りは

「失敗はありません。」

たとえ事業がうまくいかなくても、また次

やり直せる程度の痛みなら未来に希望が持てます。

まだ生きてる限りやり直せます。

僕がそうだったから。

倒産、失職は3回。岡山に来て最初に立ち上げた事業は

売り上げ0で終わりました。

でもね、こうして生きている。

そうした経験があったから・・・

このインキュベーション施設がうまくいくがどうかは

わかりません。

もちろん、参加するみんなが、地域が少しでもうまくいくよう

全力でサポートしていきます。

僕も一緒にリスクをしょって参加します。

それでも、なんでもそうだけど初めて挑戦することは

やっぱりリスクは高いです。

でも、

”リスクの中にしかチャンスはない”

「危機」ってことばは

「危険」(リスク)と「機会」(チャンス)の造語です。

まず、やってみよう!

ダメだったらやり直せばいいんだから!!

当分は水面下での調整が続きます。

実際にオープンするまでには相当な協議や調整が

予想されますが、形にします。

焦ることなく、おごることなく、一歩づつ進めていきますので

どうかみなさん応援よろしくお願いいたします。

テツ