シェアする

本気でやったからこそ伝わるものがある!

シェアする

10年近く前は激しく戦った相手でした・・・

僕が秘書時代相手陣営の要だった方です。

先日3年ぶりくらいかな?

アメリカから岡山に帰ってきて、忙しい日程の合間を縫って

「よすが」に寄ってくれました。

received_1775564246022426

こんばんは!

元は秘書やってた(株)牛窓フードハピネス・牛窓海鮮たこ焼き「よすが」

の本村哲治(テツ)です。

当時の支援者の方々が見たら驚くべき光景です(笑)

なかなか一般の方にはわかりにくいかもしれませんが、

選挙って「戦い」なんです。

選挙戦っていうでしょ。

なんたって落ちたら国会議員から「ただの無職」

にみんななってしまうんですから必死です。

それは議員だけじゃなく、秘書や事務所スタッフも同じ。

だからお互いの陣営は必死なんですね。

そんな中でも彼とは激しくやりあうこともあったけど、

心の中でいつも”すごいな” ”素晴らしいな”って思ってました。

10歳も僕より若いのに本当によく動いてた。

ライバルであったからこそ

生活をかけて必死だったからこそ

本気で戦ったからこそ

「言葉は交わさなくてもわかること」ってあります。

いつか、一緒にゆっくり話したいって、選挙戦いながらも

思ってました。

選挙で負けた後、僕は失業し自分の会社を作りました。

彼は選挙後、しばらくして事務所を辞め、

そのあと、アメリカでこの2年間自腹きって政策の勉強をしてきました。

家族を抱えながら勉強し、そして次は5年かけてアメリカの大学で博士号をとるそうです。

本当に素晴らしい漢です。

心から応援したいと思います。

そして、彼が帰ってくる5年後には

僕も胸を張って報告できるよう、

自分の会社と地域、商店街の活性化に

取り組んでいきます。

その前にやはり一度アメリカにほかの友人もいるので

いきたいですね!

よすがinアメリカ

考えよっかな(^^)